早漏防止薬の効果と射精コントロールするためのグッツ

早漏は男性の悩みのひとつであり、性交渉で相手が満足する前に射精してしまうことです。しかし、医学的には膣内での射精が可能であれば、病気ではなくあくまでもメンタル面の問題とも言えるものです。
しかし、古くからの悩みということもあり、さまざまな治療法やグッズなどが世の中にあり、実際に効果のあるものからそうでないものまで多種多様です。
一般に早漏防止に効果があるとされる早漏防止薬でも、外用する塗り薬と服用する飲み薬があります。このうち外用の早漏防止薬の仕組みとしては、薬に含まれる麻酔成分を利用しペニスに塗ることで感度を下げるというものです。勃起することとペニスが感じることは別のため、これにより射精を遅らせることが可能です。外用の早漏防止薬は、専門のグッツショップでも売られていますが、市販の医療品で代用することも可能です。この場合に使われるものが傷薬などで局所麻酔効果のあるものが選ばれます。
一方で内服の早漏防止薬は神経系の薬が使われています。外用と異なり塗れば効果が出るというものではなく、継続して服用する必要があるので、早漏防止薬としてはやや使い勝手が悪いものです。また入手方法も限られ価格も高いといったデメリットがあります。
薬に頼らないで射精をコントロールする方法としてはペニスを鍛えることになります。経験を積むことで鍛えられ、射精をコントロールすることができますが、グッツショップなどで売られているアイテムを利用して自慰行為で鍛えることも可能です。もっとも早漏防止の専門グッツを購入するよりも、亀頭を直接刺激することで早漏を改善し射精をコントロールすることができます。またこのさいにはローションを利用して亀頭を傷つけないようにする必要があります。ローションはグッツショップのほかにもドラッグストアなどでも購入することができます。