射精障害には早漏防止薬とゴクアツコンドームが最適

早漏の多くは亀頭が刺激に弱くて起こるものです。
みこすり半という言葉のように、数回のピストンで射精してしまう方もいるのです。
早漏とされる定義は、挿入から1分以内、または3分以内と言われていますが、重要なのは時間よりも男女が満足できるかです。
女性が満足するためには、10~15分程度の挿入が必要と言われています。
男性の場合は射精すれば性的欲求は収まりますが、7~10分程度は持続しなければ強い射精感は得られません。
男女の意見を聞いてみると、10分程度持続できなければ早いと判断できます。

射精障害である早漏を解消するには、ゴクアツのコンドームが役立ちます。
ゴムを着用すると快感は弱くなるので、ゴムの厚さで快感を調整するのです。
最近は0.01mmという超薄型のゴムも登場していますが、感触がダイレクトに伝わってくる反面、早漏の方にとっては射精障害を防ぐことが難しいです。
ゴクアツのゴムならば、感度がかなり鈍くなるので普段の2倍程度の持続は期待できるでしょう。
射精障害を改善するには早漏防止薬を服用する方法が確実ですが、まずは副作用のない方法から試してみるべきです。
ゴクアツのゴムには感度を弱くさせるジェルが塗布されたタイプもありますが、このジェルには副作用はありません。
個人輸入代行サイトで販売されているクリームやジェルに関しては、早漏防止薬に該当するので効果は高いですが副作用もあります。
早漏予防の流れとしては、最初に早漏防止グッズを使用して効果を実感できない場合に早漏防止薬を使用するのがベストです。
EDを改善できる早漏防止薬もあり、こちらは中高年以降の射精障害の改善に役立ちます。
射精コントロールが可能となり、射精したいタイミングで射精できるようになるのです。